自動コンテンツ作成ツール(Rytr)を上手に使う:便利な使い方と登録方法

2022-03-30

AUTHORと書かれた置物の背景で男性が執筆作業をしている写真。

検索ユーザーが情報を探す主な理由は、ネットの情報が私たちの問題を解決したり生活を楽にするアイデアを必要とするためです。もちろん、創作的な文章やコンテンツが必要な人も情報を検索しますが、検索ユーザー全体では少数です。

AIライティングアシスタント(Rytr)は、AIを使った高品質の文章作成でブログ記事はもとより、ソーシャルメディアの更新やアウトライン作成、コピーライティング、メールテンプレートの生成にも使用できます。Rytrを使って問題解決を提供するコンテンツを増やし、アクセスの増えるサイトを目指しましょう。

色々と試してみました。

Rytrってどんなもの?

Rytrは日本語でも使え、必要なキーワードや文章を入力して数回クリックするだけでコンテンツを生成するコンテンツ生成アプリです。 AI(GPT-3)を使用しており、入力されたキーワードや文章をもとに関連性のある説得力のあるコンテンツを生成します。

例えばコピーライティング文を実際にRytrで作成した文章がこちらです。

【入力文】51文字

ブログ記事の作成は時間もかかって大変。そんな時でも、Rytrを使った文章作成を使えば手間を大幅に減らせます。

【出力文】271文字

ブログ記事を書くのは時間がかかり、難しい場合があります。そのような場合でも、Rytrを使って文章を作成すると、時間と労力を大幅に節約できます。

何を書くかを考えるのに苦労して何時間も費やす必要はありません。 Rytrを使用すると、魅力的なブログ記事をわずか数秒で作成できます。

Rytrは、メールやブログから広告やソーシャルメディアまで、あらゆるもののコンテンツを自動的に生成するのに役立つAIライティングアシスタントであり、わずか数秒でオリジナルの魅力的なコピーを作成できます。執筆に時間と労力を浪費するのをやめ、今すぐRytrを使用して高変換コピーを作成し始めましょう!

出力文には何も手を加えていません。多少文言を変えた方が読みやすくなりますが、このくらいの文章は本当に数クリック、数秒で作ってくれます。

Rytrの便利な使い方

当然ですが、AIで作成された全ての文章がそのまま公開できる記事かと言うと、残念ながらまだそこまでではありません。

また、Rytrの学習データはインターネット上のデータが基本のため、作成される文章の精度には偏りがあります。特に専門的な内容になると間違いが増えるなど、少ない情報を材料にする文章は不向きなようです。

その点を踏まえた便利な使い道の例をあげています。

多くのユーザー向けた文章作り

Rytrがインターネット上のデータで学習するため、インターネットユーザーに沿った内容が文章で作られるようになります。

キーワードプランナーで検索数の多いキーワードを使ったブログ記事など、普段のコンテンツ作りでは関わらない分野でも作成しやすくなります。

文章全体のアウトライン作り

ナレッジベースWebサイトの構築方法に関する包括的なガイドなぜオンラインナレッジベースを構築するのですか?
キーワード:ナレッジベース、コンテンツ管理システム、b2bナレッジベース、ナレッジデータベース、エンタープライズレベルのナレッジベース

ナレッジベースの構築を開始する方法
キーワード:ウェブサイトの構築方法、ウェブサイトとは何か、オンラインウェブサイトビルダー

ナビゲーションとデータ保持を容易にするためのナレッジベースの設計方法
キーワード:コンテンツ管理システムのデザイン、ウェブデザインのデザイン

知識管理システムと組織におけるそれらの重要性
キーワード:kbシステムソフトウェア、知識管理システムの利点と課題

結論:今日オンラインナレッジベースWebサイトが必要な理由

キーワードとタイトルを選択した状態で「pragraph」をクリックすると本文も作成できます。

💡ヒント:SEOに適した長い形式のコンテンツを作成するには、キーワードとともに各セクションの見出しを選択し、リボンの[段落]オプションを使用します。キーワードを含む見出しを説明するほど、優れています。

https://rytr.me/

文体の違う文章を作る

先ほどのコピーライティング文はRytrで作っていますが、正直、自分ではあの文体は作れません。

文体を変えるために使うのも便利な使い方だと思っています。

紹介文の作成

一般的な物事の紹介文を作る際はとても便利です。

Windows Subsystem for Linux 2の概要(Blog Section Writingで作成)

Linux 2用のWindowsサブシステムは、仮想マシンを必要とせずに、ネイティブのLinuxコマンドラインツールをWindows上で直接実行できるようにするツールです。これには、Linux互換のカーネルインターフェイスを提供し、Linux用にコンパイルされたアプリケーションを完全なネイティブ速度で実行できるようにするエミュレーションレイヤーが含まれています。

Linux 2用のWindowsサブシステムはまだプレビュー中ですが、Ubuntu、openSUSE Leap、およびSLES(SUSE Linux Enterprise Server)EnterpriseServerをこのサブシステムにインストールすることはすでに可能です。

上記のように一般的な説明文のレベルでは十分な内容で出力されるため、これだけでも記事作成は効率化できます。

Rytrの苦手な文章

Rytrに限らず、AIで独創的な創作文を作成する事は難しいです。

また、上記でも記載していますが、学習データに少ない情報は正確性からは程遠い文章になる可能性が高いです。

登録と文章作成

ユーザー登録

利用のために、まずRytrのサイトでユーザー登録を行います。

メールアドレスでもユーザー登録できますし、Google、Facebook、LinkedInのアカウントでも登録できます。

Rytrの操作画面スクリーンショット。アカウント登録画面。

文章作成

文章の作成には最初に言語、口調(tone)、使い方(use case)を選択します。その後、使い方に応じた必要事項の入力、選択をします。

使い方(use case)は多くのパターンが登録されていますが、今回の説明はブログ記事の作成(Blog Section Writing)で進めます。最初の文章は(Copywriting Framework:PAS)で作成しています。

入出力言語の設定

画面左上の「Select language」から「jp Japanease」を選択します。残念ながら、入出力は日本語になりますがメニュー画面・説明は英語のままです。

Rytrの操作画面スクリーンショット。言語を選択する画面。

文章の口調

Select toneで文章の口調を選ぶようになっていますが、説明文の作成が原因か、それとも日本語はあまり対応できていないのか、出力文章の変化は少ないです。

変化しそうな口調を選んだ例文(Blog Section Writing, Selection topic: 日本語でSelect toneの説明)

【口調: Funny】

【出力文】

日本語の口調は、話し手の形式性と礼儀正しさのレベルを示す語尾変化のシステムです。

これは、単語のピッチと長さを変更することによって行われます。

最もフォーマルな口調は「謙虚」または「敬意」(Rytr)です。

最も礼儀正しい口調は「礼儀正しい」(テイネイ)です。

他に2つのトーンがあります:「プレーン」(Hitsujii)と「informal」(Koujou)。

【口調: Passionate】

【出力文】

セレクトトーンは日本語の重要な部分です。これは、公式および非公式の設定で使用される礼儀正しさの形式です。最初は理解するのが難しいかもしれませんが、他の人とのコミュニケーションを改善するためにこの概念について学ぶことは価値があります。

セレクトトーンの概念は、簡単な例を使用して簡単に説明できます。 「コロブ」という言葉は、言うときの口調によって2つの意味があります。フラットトーンを使用する場合、その単語は「折りたたむ」または「しわくちゃにする」という意味です。しかし、上向きのトーンを使用する場合、その単語は「誰かを背負って」または「何かを背負って」を意味します。

【口調: Critical】

【出力文】

トーンの選択は、6つのオプションのリストから目的の文のイントネーションを選択する方法です。

「ニュートラルトーン」と呼ばれる最初のオプションは、文の発音方法に関する特定の指示がない場合に使用されます。 2番目のオプションである「穏やかなトーン」は、話者が礼儀正しく思いやりのある音を出したいときに使用されます。 3番目のオプションである「プレーントーン」は、感情を伴わない何かについて話しているように聞こえたい場合に使用されます。 4番目のオプションである「アサーティブトーン」は、自信を持って強く聞こえたい場合に使用されます。 5番目のオプションである「注意のトーン」は、危険または危険な可能性があることについて他の人に警告したい場合に使用されます。最後に、6番目

6番目で途切れてる…。

正直、Funnyが箇条書きになっているくらいで、口調の変化はあまり感じられません。

口調自体の形容も日本語では違和感があるため、初期設定のConvincingで作成して自分で修正の方が自然になると思います。

使い方(Use case)の選択

Use caseも多く、ブログアイデア・アウトラインから動画の説明文まで様々な使用例を選択できます。また、Use caseは自分でパターンを作ることもできるので、文章作成が中心の方は自分の使いやすいパターンを登録できます。

Use Caseに応じて必要事項を入力します。今回のBlog Section Writingの場合はトピックとキーワードを入力します。

段落数と文章の作成レベルの選択

段落(Number of variant)は1~3で選択、Creativity levelはlowからmaxの4段階に加えてoptimal(最適・お任せ)とnone(more factual:事実のみ)が選択できます。

もちろん、出来上がりは作成する文章の種類にもよっても変わります。説明文の作成では、作成レベルを下げると予備知識が無くても分かりやすい文章になりましたが、あまり作成レベルを上げると内容の間違いも増えていました。

Rytrの操作画面スクリーンショット。何も入力されていない画面。

文章作成

ここまで入力、選択した後は「Ryte for me」を押すと右側のエディタに作成された文章が表示されます。

Rytrの操作画面スクリーンショット。文章が作成された画面。

注意点と料金

出力文字数は無料ユーザーは5000文字、制限付き有料ユーザーは50,000文字となっていますが、文字数ではなくbyte数でカウントされるため日本語は1文字2byteで計算されます。

料金は、無料登録でも5,000字までは使えます。有料ユーザーは年間90ドルのライトプラン(月間50,000字)と年間290ドルの無制限プランがあり、支払いはクレジットカードだけになります。

ちょっとしたアイデアが欲しい時や、紹介する内容をまとめる時にさっと使えるととても便利です。

コンテンツの一部はAIに任せて、人間は全体のマネジメントが今後は主流になるかもしれません。無料でも利用できるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

IT-TipsRytr,SEO,WordPress

Posted by ううら