【Dokuwiki】Dokuwikiで作る社内日報システム

2022-10-08

業務日報の書類とボールペン、PCの画像

紙の業務マニュアルを電子化するために、Pukiwikiを導入しました。

実際に使い始めてPukiwkiだけでなくDokuwikiも使い勝手をよくできる事がわかってきたので、こちらも紙で動かしていた日報をDokuwikiに移行できるように社内日報システムを作成しました。

この記事では、業務日報システムの構築手順の紹介と、デモサイトへのリンクを掲載しています。

画面イメージ

デモサイトの雰囲気がわかるようにスクリーンショットを掲載しています。

実際に構築する場合は、必要に応じて細部の手直しや修正を加えてください。

日報作成画面トップ

「新規ページ作成」を押して日報ファイルを作成します。

スクリーンショット

編集画面

新規ページ作成を押した後の画面です。

テンプレートファイルを使って定型文の入力、Custombuttons プラグインでよく使う文章を登録しておくと入力が楽になります。

規則的な入力はStruct プラグインで作ったスキーマに沿ってで入力、検索の簡便さのためにWikiでは主に特記事項を入力する事にしています。

作成者はテンプレートファイルでユーザー名を表示するようにしています。

スクリーンショット

入力後画面

標準テンプレートはStruct プラグインの入力内容がヘッダーに表示されて見づらかったので、bootstrap3を使っています。

添付ファイルが増える場合は、月次や年次で名前空間を分けると管理しやすくなると思います。

スクリーンショット

構築手順

構築自体はDokuwikiのインストール後にプラグインやテンプレートの設定をするだけなので、サーバーが稼働していれば実際の作業は1時間もあれば終了します。

ユーザー管理、スキーマの設定は別途必要になりますが、スキーマの出来によって便利さが大きく変わるので、日報をスキーマに落とし込む作業が重要です。

レンタルサーバーにDokuwikiをインストール

このデモサイトはConoHa WINGにDokuwikiをインストールして使っています。

小規模な部署内で使うだけの場合はXAMPP + Dokuwikiが簡単にインストールできます(セキュリティの考慮は必要です)。

プラグイン・テーマのインストールと各種設定

使用しているプラグイン

  • AddNewPage
  • CustomButtons Plugin
  • Indexmenu Plugin
  • sqlite plugin
  • struct plugin

テーマ

  • Bootstrap3 Template

設定方法

Dokuwkiで社内日報用の名前空間を作成

今回のデモサイトでは、名前空間は「demo」だけにしています。

必要に応じて、下位の名前空間を作成してテンプレートやスキーマを使い分けると便利になると思います。

まとめ

Wikiシステムは自由な記載と検索性の高さが利点ですが、業務日報は定型的な報告が多いため、特記事項以外はstructを使ってスキーマに沿って入力する方が簡便で集計もしやすくなりました。

特記事項はWikiで入力しているため、特別な記録は検索も容易にできるようになっています。

また、この記事では触れていませんが、外部システムからSQLiteに接続することもできるので、外部システムとの連携も簡単です。

無料、有料も含めて業務効率化のアプリは様々な種類がありますが、簡単に自分達で修正できるシステムを作れるようになると、その時の状況に応じて最適化ができるので情報化も進みます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)でAIやデータの利活用が叫ばれていますが、そのためには各現場で収集できるデータを使える形で保存する事が大切だと考えています。

デモサイトと使用上のお願い

デモサイトは以下のリンクになります。

ユーザー名「demouser」、パスワード「demodemouser」でログイン後、名前空間「demo」からお試しください(急いで作って公開しているのでトップページは何も作っていません)。

「demo」のページを編集しようとすると、レンタルサーバー側のセキュリティでスクリプトが入力されているファイルの更新がはじかれます。

「新規ページ作成」ボタンを押して試してください。

IT-TipsDokuwiki,wiki

Posted by ううら