情報処理技術者試験

2022-02-16

情報処理技術者試験のイメージ画像

ITとは関係ない医療系の技術職ですが、まとまった知識や技術を身につけたいと思い、平成31年度から情報処理安全確保支援士試験を独学(参考書のみ)で受験しています。試験の概要、勉強方法などは各試験の個別記事に記載していますので、情報処理技術者試験を受けようと思っている方の参考になればと思っています。

高度試験はまだ情報処理安全確保支援士試験だけですが、異分野・未経験・独学・40代でどこまで合格できるか挑戦を続けています。

受験記録

ITパスポート試験

  • 受験時期:平成31年2月
  • 感想:IT機器を利活用する側(ユーザー側)の試験との事でしたが、結構技術的な知識も求められる試験だと思いました。また、今まで触れる事の無かった会計やマネジメントの知識も必要になるため、ネットで簡単との意見は多いですが、正直難しい(知らないことが多い)と思いました。
    実際、一緒に受けた同僚は1回目の試験は不合格で、2回目に合格できました。

情報セキュリティマネジメント試験

  • 受験時期:平成31年4月
  • 感想:何も考えずにITパスポート試験を終えて他の試験区分を確認したところ、直近の4月試験の申込に間に合うタイミングだったため申し込みをしてからの勉強でした。情報セキュリティに関する全般的な基礎知識の他、午後試験は情報セキュリティのマネジメント方針や考え方が中心になります。午後試験の文章量は多いですが、読み解くことができれば難易度自体は高くないと思います。
年々サイバー攻撃のニュースが増えていますが、情報セキュリティを保つためには情報を利用するユーザー自身も情報セキュリティについて学習する必要があります。情報の取り扱いに注意が必要な職業の方は必須の試験だと考えています。

基本情報技術者試験

  • 受験時期:令和元年10月
  • 感想:さすがに情報処理技術者用の試験だけあって、同じレベル2でも情報セキュリティマネジメントと違い技術的な要素が多く試験勉強も苦労しました。過去問題でも、午前試験はITパスポート試験から受けているため参考書を一通り読めば何とかなりましたが、午後試験は試験1か月前でも正答率50%少々だったためギリギリまで慌てていました。
    結果的には1回で合格できましたが、情報処理技術者・・・試験の難しさを実感しました。

情報処理安全確保支援士試験

  • 受験時期:令和2年10月
  • 感想:初めての高度試験で、さすがに今回は落ちたと思っていました。結果は午後1が61点とギリギリでしたが何とか合格!正直、応用情報技術者試験(受験はしていませんが)とはレベルが違うと痛感した試験でした。当然、情報セキュリティ全般の知識と技術を持っている前提の設問のため、表面上の知識だけでなくさらに深く対応を考えて記述する必要があります。
    とは言え、異業種・未経験・独学でも何とか合格できることは分かりました。

勉強中の試験

ITストラテジスト試験

プロジェクトマネージャ試験

高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの目標の達成に向けて、責任をもって、プロジェクト全体計画(プロジェクト計画及びプロジェクトマネジメント計画)を作成し、必要となる要員や資源を確保し、予算、スケジュール、品質などの計画に基づいてプロジェクトを実行・管理する者。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

正直なところ、私自身の性格もあって上手に人を使うことができません。とは言え、団体運営を進めていくにあたって、先の事業活動を展開していく基盤の一つとしてプロジェクトマネジメントの能力は必要だと実感しています。

もちろん、多くの人が関わる事業では技術的な側面だけではいけませんが、まずは知識・技術面の習得としてプロジェクトマネージャ試験を受けようと思っています。

こちらは秋季試験だけなので令和4年10月試験を受験目標にしています。

Posted by ううら