簿記・会計のススメ

確定申告書を記入している写真

簿記を勉強するきっかけは情報処理技術者試験に出る会計問題がわからなかった事ですが、複業で自立を目指して色々と始めている中で「簿記3級の知識は思っていたよりも便利で助かる」ことが多くなりました。

代表的な例

  • 記帳が苦にならないのでレシート、領収書が溜まらない
  • そのため、費用の計上忘れが少ない(特にオンライン決済)
  • 記帳が正確にできていると会計書類の作成が楽

基本的には記帳の知識とスキルが身につくので、正確な記帳が手間なくできるようになる事が大きいです。

ついでに、何かと嫌なPTAや町内会の役員が回ってきた際も「簿記持ってるので会計やります」で面倒くさい副会長や会長をパスしやすくなります!

簿記検定を受ける

自分自身の事業で必要な範囲の知識は、上述しているように簿記3級で一通り身に付けることができます。

簿記3級の場合、知識ゼロから仕事をしながらでも2、3か月勉強すれば十分合格できる内容です。

勉強時間に対して役立つ知識とスキルが多いので、コストパフォーマンスは非常にいい資格だと思っています。

簿記の知識を使う

簿記検定に合格するだけではさすがに知識・技術を使いこなすのは難しいので、副業・複業や家計管理などで積極的に複式簿記の記帳と、会計書類を作成する事をおススメします。

どうしてもイレギュラーな仕訳は発生するので記帳に慣れて自分なりの対応を身に付ける事と、会計書類に慣れる事で資金の動きを把握することも楽になります。

それに、転職や就職の際も検定合格よりも「○○○○の会計管理をしていました」の方が相手もスキルを想像しやすくなります。

仕事以外でも

PTAなどの面倒くさい役員

最初にも書いていますが、PTAや町内会、子ども会で役員(会計)が簡単にできるので、役員の順番をこなすのが楽になります。

下のリンクは「ちまたの会計」を使っていますが、ご自身の使いやすい会計ソフトで置き換えてください。

家計管理にも

老後資金に数千万円必要とも言われていますが、家庭の資産や今後の資金計画にもやはり会計書類は必要になります。

FPさんに相談する場合でも、直近数年間の家計の会計書類がある方が正確なアドバイスをもらいやすくなりますよ。

Posted by ううら